野呂一生&天野清継「お気楽ギグ」

"昭和日本"

野呂天野

野呂一生&天野清継「お気楽ギグ」
 

2年ぶりとなる野呂一生&天野清継による「お気楽ギグ」。
毎回、 アコースティック・ギター・デュオで様々なカバー曲をじっくりと、 熱く聴かせてくれるふたり。
今回は、溌剌としていた昭和の日本に流れていた誰もが知っている楽曲を中心に、
お気楽で聴き応え充分なライブをおおくりします。

※ライブは1部構成で予定しております。

 


野呂一生

カシオペアのリーダーであり、メインコンポーザー。カシオペアの大半の曲を作曲し、「ASAYAKE」「LOOKING UP」
「TOKIMEKI」「FIGHT MAN」など音楽史に残る名曲を生み出している。劇昴的で力強く、あるいは流れるような涼美的に溢れるメロディラインとスリリングなリズムアレンジでリス ナーを魅了する。デビューから2002年までに5枚のソロアルバムを発表しており、それぞれのアルバムには野呂のアイデアが盛り込まれている。'85年 『SWEET SPHERE』(LAレコーディング)、'89年『VIDA』(ブラジルレコーディング)、 '96年3月にはCD−EXTRAでの『TOP SECRET』においては、EXTRA部分に、自作のイラストや映像などを盛り込み、日本初の作品となった。近年ではフレットレスギターをフィーチャーし たソロアルバムを2001年『UNDER THE SKY』、2002年『LIGHT UP』と発表した。その発売記念ライブでは新たに開発したフレットレスとフレッテッドのWネックギターで、華麗かつ巧みなプレイを披露し観客を歓喜させ た。2003年には5作のソロアルバムから野呂自身が選曲・監修したベストアルバム『BEST ISSEI』がリリースされ、野呂サウンドの魅力が詰め込まれた聴き応えある1作として評価を得た。


野呂一生 website
天野清継

神崎オンザロードでデビュー。
渡辺貞夫グループの全国ツアーに参加したのをきっかけに本格的にプロ活動を開始。その後、Hip Pocketsで活動する傍ら、矢沢永吉、アンリ菅野,中本マリ,阿川泰子、益田幹夫,MALTA、他のライヴやレコーディングに参加する。
88
年、渡米。カリフォルニア州Grove School of Music作編曲科を卒業。並行して、Bernard Ighnerなどのサポート・メンバーとしてミュージシャンと共に西海岸のライヴ・ハウス等で定期的に演奏活動を行う。
帰国後、91年ファースト・アルバム 「AZURE」を発表。
2作目の 「Branche」ではストリングスアレンジを披露。
その後、ピアニスト国府弘子とのデュオ・アルバム「Heaven」「Heaven and beyond」 を発表。
9293年連続でSWING JOURNAL誌の日本ジャズ・メン読者人気投票ギタリスト部門第2位を獲得。
96
年には打ち込みを取り入れたハードなエレクトリック・サウンドの 「Yuman's Dance」 をリリース。200010月にリリースした「Book Of Colors」 ではシンガー・ソングライターとしても、新たな一面を見せ,自らのVocalも披露。続いて「Navajo Trail」,その後自身初のジャズアルバムとなる「Silent Jazz Trio」を発表。
2006年6月に、則竹裕之、松本圭司、コモブチキイチロウと共にグループ「Four Corners」でアルバムをリリース。
そして2007年9月に現在最新となる初のアコースティックソロギターアルバム"In the air"をリリース。
現在、Electric Jazz Guitar Trioを結成し、都内ライブハウスで定期的に演奏活動をしている。そして野呂一生とギターデュオ”お気楽ギグ”でも活動中。
また、弦楽三重奏(1stVln,2ndVln,Viola)とアコースティックギターでストリングス・ユニット"November Steps"を組み、日本の楽曲を取り上げてコンピレーションアルバムのレコーディングやライブも行っている。 
その他、テレビ・CF、番組等の音楽製作も手掛け、dorlis他、ヴォーカリストの楽曲アレンジも行っている。
天野清継 website

 
【日程】
2011年8月22日(月)
【時間】
開場 18:00 / 開演 19:00
(1st のみ)
【料金】
前売¥4,000 / 当日¥4,500
(T.C.込)
>>チケット予約フォーム
【出演メンバー】

野呂一生(g)/天野清継(g)